Rigoloの家の特徴

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ作成中です
内容はほぼ下記ですが、見栄えが良いようにデザイン依頼中です
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■絶対に家づくりを失敗したくない方必見
■40度の猛暑でも、-5度の寒波でも、家じゅう快適
■超高断熱 Ua値0.26をクリア 断熱等級7 HEAT20G3
■数値と理論で、納得の家づくり
(家の画像に重ねる)

—————–
「お問い合せ・Rigoloの家見学・体験会」
—————–
説明動画へ(リンクページ作ります)
—————-

■こんな悩みありませんか
家づくりを絶対に失敗したくない
どこの工務店で聞いても自社が一番良いと説明されてしまい、家造り迷子に
他社で質問しだが、曖昧な答えだった
話を聞いたら、しつこい営業をされるんじゃないか
問合せをしたら費用が掛かるのではないか
本当に夏涼しく、冬温かいのか
高性能住宅を建てたいが費用が高くなりすぎるのではないか

—————–

■そのお悩み、Rigoloで解決しませんか
高性能住宅専門のRigoloが知識ノウハウを活かして最高の家を提案します。
家造りの質問は大歓迎、数値と理論をもちい、明確にお答えします。
こちらから訪問営業や電話営業は一切行いません。
Rigoloの家のご説明、体験会、見学会などは、全て無料です。
初回プラン提案、概算費用提案までは無料で行います。
Rigoloの家体験会で真夏や真冬の暮らしを体感できます。
比較的お値打ちなプランから、高品質なこだわりの住宅まで幅広く対応しています。

———————-

■Rigoloの家 9つの特徴

(1)日本最高性能の超高断熱住宅 (夏家/家冬アイコン)

一生快適な家で暮らしたいのなら、まずは断熱性能の良い家にすることです。

Rigoloの家の半数以上は断熱性能Ua値=0.26w/㎡kをクリア、HEAT20G3、断熱等級7です。

全ての家で気密測定を実施、C値=0.2c㎡/㎡(平均値)の超高気密住宅です。

※プラン、ご要望により断熱性能は異なります(小さい文字)

(2)太陽に素直な家造り、パッシブ設計(太陽の日差しと家のアイコン)

冬は日射熱を取り入れ暖房使用量を削減、南面日射取得可能は家は晴れていれば暖房不要に。

夏は庇や、アウターシェードなどを活用し、日射熱を抑制します。

窓のサイズは、南面は大きく、他の方位は小さくするのが基本とします。

ただし近隣の状況、景色などにより、その家に合わせた最適なプランをご提案します。

(3)40℃の猛暑でも、-5℃の寒波でも、快適なRigoloの家(エアコンと人で快適アイコン)

安価な壁掛けエアコン1台で、家じゅう快適な全館空調を実現しています。

エアコンの設置位置に特徴があり、冬には床下空間へ暖気を送る通称床下エアコン。

夏には小屋裏空間を空調室として利用する小屋裏エアコンなどをご提案しています。

家ごとに冷暖房負荷は異なります。Rigoloでは家の方角、間取り、人数、使う家電の種類や量、住み方などにより、家ごとで異なる熱負荷を考慮し、その家の専用の空調計画を策定します。

(4)最強の耐震性能、自社で耐震設計、制振装置(家が揺れてるアイコン?)

熊本地震でも倒壊ゼロ、Rigoloの家は、詳細な耐震計算の許容応力度計算による耐震等級3。

プラン提案毎に許容応力度計算による耐震計算を実施しています。

通常他社は、耐震設計知識のない営業スタッフが間取りを書き、全ての打ち合わせが終わった後に、構造計算専門会社へ耐震計算を依頼するため、バランスの悪い耐震設計になりがちです。

Rigoloでは、プラン提案毎に何度でも耐震計算をすることにより、バランスの良い耐力壁、無理のない構造(骨組み)にすることで、より安心安全な耐震住宅を実現しています。

「NEW」2024年モデルより、すべての家に制振装置を設置
震度7などの大きな地震が起こるとその後も大きな余震が繰り返されます。
そんなときに効果を発揮するのが制振装置、繰り返し地震により耐震性の劣化を防ぎます。

(5)最も重視しているのは長寿命(長持ちなアイコン?)

夏暑く冬寒い家では住みたくなくなってしまう、耐震性が弱い家は住み続けられない
長く住み続けるためには断熱、気密、耐震性も必要なのです。

家は100年の耐久性を目指し家造りをしています。
構造材(家の骨組み)の主要部は国産無垢材のヒノキとスギを用いて長期耐久性を確保
基礎コンクリートも100年耐久のFc30を利用しています。

長く使うものは長持ち素材、交換が必要なものは交換し易いものを採用しています。

(6)結露計算で長持ちな家(水滴か、結露のアイコン)
壁内結露してしまうと家の寿命を縮めてしまいます。
そうならないようにRigoloでは結露計算を実施しています。
Rigoloでは国が定める結露計算基準より厳しい値で結露計算を実施しております。
国の基準では室温15℃60%、屋外4.6℃(名古屋の場合)と甘い基準の計算しています。
安心の結露計算であれば、実際に暮らす温度の23℃50%、屋外は-5℃程度で計算すべきです。
また夏型結露の計算も重要です。Rigoloでは厳しい基準での結露計算を実施しています。

(7)一生で住宅にかかるコストを安くする(お金袋のようなアイコン)
LCCライフサイクルコストとは、一生で住宅にかかるコストのことで、初期の建築費、住んでからかかる光熱費やメンテナンスコスト、火災保険や地震保険など、住宅にかかる全てのコストを足した数値です。
多くの住宅会社が、このライフサイクルコストの低減をテーマにしています。
その中でRigoloは超長期で使える住宅であること、高断熱で光熱費の削減、長寿命建材によるメンテナンスコストの削減などで、LCCが低減できる家を提供しています。

(8)数値と理論で、納得の家づくり(学者なアイコン)
Youtubeでこんな話を聞きませんか?
セルロースファイバーで調湿する、グラスウールやビニールクロスでカビが生える。
これら全ては、ある特定の条件下での結果での話で一般的な条件では話が違ってきます。
ほとんどが自社の家を売りたい為の、競合製品の評価を下げ比較優位を作りたいためのポジショントークです。
例えば通常動かしている換気扇をワザと止めた状態の家と、自然通気の家を比較して、自然換気が素晴らしいと話したり、ワザと施工不良の状態にしてる断熱材と比較したりしています。
これらの方法では公平な性能の比較はできません。

住宅業界では独自のトンデモナイ理論を用いて自社の家を良く見せる会社が多いのが現状です。
それらの会社の理論は詳しく勉強すれば間違っていることが分かります。
Rigoloでは一般的に広く利用され確立されている理論を用い、数値を提示して納得のいく家造りをしています。
家造りのマニアックな質問も大歓迎、誠心誠意お答えします。

(9)住宅性能は確保し、その他は自由(自由なアイコン?)
他社で高性能住宅を建てようとすると、外装や内装なども豪華なもので決まっており、建築費が高くなりすぎてしまう場合が多くあります。
Rigoloの家は上記の特徴を守りつつ、水まわり機器、間取り、内装、外装などは自由にすることで、比較的お値打ちな住宅から、こだわりの高品質住宅まで、幅広い顧客のニーズに対応しております。

———————-

■一緒に最高の家造りをしませんか?

注文住宅の魅力は、自分の家族のためだけの住宅が創れることです。
それには私達Rigoloだけでは良い家ができません、お客様と一緒に家造りをすることが大切です。
Rigoloでは、あなたの家族にとって最高の家を一緒に考えます。
当社のノウハウや専門知識を活かし、施主の家づくりをサポートいたします。

フル注文住宅プラン
家造りに徹底的にこだわりたい方向けのプラン
実現したい内容を徹底的に話し合い、最高のカスタム住宅を作り上げます

セレクトプラン
住宅性能はそのままに、内装、外装、水回り機器など、Rigoloで選定した人気の高いオススメ素材などから選ぶプランで、その代わりに建設費用をお値打ちにしたプランです。
間取りはその家のオンリーワン設計です
———————-

■家造りの流れ
1:お問合せ・ご予約
ホームページより、お問合せ・ご予約にて入力。

2:日程の決定
メールにて、初回面談の日程を調整いたします。

3:初回面談
Rigoloの家の説明、お話やご質問のお伺い、Rigoloの家の見学・体験をします。
また過去事例のプランや概算金額などで、Rigoloの家がどんなものか把握していただきます。

4:工務店仮決定
Rigoloで家造りを進めたいと思ったらメールや電話などで、ご意向をお伝え下さい(初回面談時でも可)
建てたい家の想い、暮らし方、使いたい設備や内装、外装など、ご意向をお伺いいたします。

5:初回プラン提案と概算金額の提示
当社事務所にて、初回プランと概算金額のご提示をいたします。
土地有りの方はその土地で、土地無しの方は仮想土地での提案。
そのプランの特徴、住宅性能、日当たり、価格などをご説明いたします。

6:ローン仮審査
7のプラン設計契約後に行う場合が多いですが、ご予算に不安のある方は、事前にローンの仮審査を受けることが可能です。
当社から提携ローン会社の紹介も可能です。

—ここまでは無料でご案内します—

7:プラン設計契約
Rigoloで家を建てると決めたら、まずはプラン設計契約を結びます。
有償:30万円+税
ご契約後、プランの修正、詳しいご要望などお伺いいたします。
土地無しの方はプラン設計契約後、土地購入前のアドバイスを致します。
※アドバイス無しで土地を買った方の中には、想定した大きさの家が建築不可だったり、擁壁など数百万円の出費が必要だったりする場合がありますので、土地購入前の住宅専門家のアドバイスは非常に重要です。

8:打合せの繰り返し
2週間から3週間に一度お会いし、プラン修正、水回り選定など各種打合せなどを繰り返します。
短い方で2ヶ月程度、多い方は5ヶ月以上掛かる場合もあります。
理想の家を考えていく期間で、楽しい期間ですが、決めることも多く大変な期間です。
打合せ日の予定をしっかり確保して、一生に一度の家造りを頑張りましょう。

9:本契約
間取りや住宅性能、水回り設備など、家の計画が纏まったら、本契約を行います。
ここからはキャンセルや中止は出来ません。
契約書を作成しますので、実印、印鑑証明、印紙代(1万円)が必要となります。

10:ローン本審査
ローン会社へローン本審査を行います。

11:図面作成確認と、色決めなど
当社の作業として設計図作成、建築確認申請、長期優良住宅申請などを行います。
そこで出来てきた設計図の確認と、内装、外装、水回りなどの色決めを行います。

12:地鎮祭
更地の状態で行いますので、古家がある場合は解体工事後に行います
神式のお祓いで、建築工事の安全と、住む人の繁栄を祈念します。

13:工事着工
工事の開始 解体工事や造成工事から行います。
着工金(おおよそ費用の1/3)が必要です

14:建物上棟
建物の構造(骨組み)が1日でできる日で、作業を見るのも楽しい日です。
施主様の上棟ご挨拶をしていただく方は朝8時に現場来ていただき、
ご挨拶と当日作業員にご祝儀を配っていただきます。
中間金(おおよそ費用の1/3)が必要です

15:構造見学会
ご許可をいただければ構造見学会を実施させていただきます。

16:建物完了・ローン実行手続き
建物の完了検査を行い、検査済み証を発行してもらいます。
検査済みを取得すると、ローン実行手続きを開始します。

17:外構工事と施主検査
建物の仕上げ工事と、駐車場やフェンスなど外構工事を行います。

18:完了金お支払い
ローンを実行し完了金のお支払いいただきます。

19:完成見学会
ご許可をいただければ完成見学会を実施させていただきます。

20:お引渡し
建物のお引渡しを行います。
鍵や、各種説明書や保証書などをお渡しします。

21:アフター点検など
住んでから1年点検、5年点検、10年点検などを実施します

—————–
「お問い合せ・Rigoloの家見学・体験会」
—————–

■家造りアドバイス (社長の写真)

家を建てるのは一生に1度きりの大きな決断、絶対に失敗したくないです。
情報のあふれる現在、工務店探しで色々な情報を手に入れることができると思います。
また色々な工務店へ訪問し話を聞くと、どの会社も自社が最も素晴らしいという説明をされるので、何が本当の情報で、なにが間違った情報なのか判断が難しくなっています。
Rigoloでは高断熱・高性能住宅の、専門知識やノウハウを活かして「理論と数値」でご説明をします。

当社へご来社される方は、Youtubeなどで情報収集している方が多く、家造りに熱心なかたが多くいらっしゃいます。
そんな方は他の住宅会社様で質問しても思った答えが帰ってこずモヤモヤした気分で家造りを悩んでいる方が多いように感じます。
そんな方がRigoloに来て質問や話をされると、納得し顔がパッと明るくなる方もいらっしゃいます。
家造り迷子になっている方は、一度Rigoloで色々質問してみませんか?

さて、そんなRigoloでも全ての家造りのニーズに対してお答えできる訳ではありません。
工務店選びは相性があります。
Rigoloは、高断熱、高性能住宅、長寿命で、快適な家という要望が強い方が向いている工務店です。

また昨今インフレで住宅価格が高騰しておりますが、Rigoloでは比較的お値打ちなセレクトプランをご用意しております。
住宅性能はそのままに、人気のある建材や水回りから選ぶことにより、打合せ回数を減らし、初期の建築コストを抑えたプランです。
また、こだわりのある方はフル注文住宅をご検討でき、ニーズに合わせたご提案をしております。
またRigoloでは、一生涯でかかる住宅コストを抑える家造りをしております。
高断熱住宅は冷暖房費用も安く、長持ち建材などでメンテナンスコストを抑える工夫をしております。

私が家造りで思うことは、これから家を建てるのであれば、高断熱住宅は必須ということです。
せっかく性能の良い住宅が手に入るようになったのに、それにしないのなんて勿体ない。
初期コストだけを考え価格の安い断熱性能の悪い家に住んでしまうと、夏暑く冬寒い家に一生住み続けなければいけません。
Rigoloの家造りの技術で40度の酷暑もマイナス5℃の大寒波でも快適な住空間になります。
快適な家に一生涯住み続けられるのは、幸せの一つの形だと思っています。

Rigoloという社名の由来はフランス語で「Rigoloは、楽しい・可笑しい」という意味です。
住んで楽しい、幸せな家を提供したいと思っております。
あなたの家族が住む最高の家造りをするために、当社の技術知識ノウハウを活用しませんか?
一緒にRigoloと最高の家造りを始めましょう。

愛知県北名古屋市の注文住宅で、高断熱・床下エアコン・小屋裏エアコンの設置をご検討なら長寿命の高性能注文住宅「Rigolo株式会社(リゴロ)」工務店にお任せください。

ページ上部へ戻る