高性能でオシャレな新築注文住宅・リフォーム・リノベーションができる工務店です。

床下の断熱

床下の断熱で使用される種類は、床下断熱と基礎断熱です。
基礎断熱はさらに、内断熱と外断熱に分かれます。

赤い部分に断熱材が入ります。

床下の断熱それぞれにメリットとデメリットがあります。

床下断熱
・日本に昔からある工法
・建物の一階床下の全面に断熱材を取り付けて、外部の温度(熱気、冷気)の影響を受けないようにする
・日本の住宅の大部分は床断熱
・床下の風通しを良くするために床下換気口を設置する
メリット
・基礎断熱よりコストが安い
・白アリの心配が基礎断熱より少ない
・白アリの保証がつけやすい
デメリット
・冬場の冷たい冷気が床下に入り込み、ベタ基礎のコンクリートを冷やし続け、コンクートが蓄冷され室内に影響されてしまう。また、冬に蓄冷されたコンクリートと夏の暖かく湿った空気と触れ合い、結露を起こす事がある。
・きちんと断熱を理解して施工できる会社なら安心だが、床に断熱材を入れれば良い。とだけ思っている会社に床下断熱を施工してもらうと、気流止めができず、断熱の性能が下がる。(施工業者によって断熱性能が変わる)

基礎断熱
・基礎の外側または内側に発泡スチロール状の断熱材を張りつけ、「床下も室内空間」として考える手法
・床断熱に替わる断熱技術として外国で生まれ、北海道の住宅で試行、検証され、昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立した
・技術的にはまだ発展途上にあり、まだ試行錯誤段階であると考えられる
メリット
・気密が取りやすい点。床に高低差があっても断熱ラインが取りやすく、断熱欠損になりにくい
・床下に外気を取り入れないので、床下を室内と同じ温熱環境に出来る

・施工が比較的簡単(工期の短縮)
デメリット
・コストが床下断熱より高い
・ランニングコストが高くなる(暖冷房する空間が広くなるため)
・外側に断熱材を張った場合、発泡スチロール状の断熱材は白あり被害にあいやすい
・建築後すぐの床下結露・カビの発生リスクが高い(コンクリートの水分が乾かないうちは)
・発泡系の断熱材は一般に燃えやすく、火事になった場合有毒ガスを発生させ避難が困難になる、また紫外線により断熱性能が劣化する

以上が床下の断熱についてです。
Rigoloの家では現在、床下断熱を採用しています。
東海地方という土地柄、とても暑くとても寒い。湿度が高い。などから、白アリの心配が高いためです。
また、コストの面がかなり大きいと考えます。

しかし、基礎断熱もかなり進化しており、白アリはもう心配いらない!と仰っている方もいます。
なので、必ずしも床下断熱じゃないと!という訳ではないと思います。
住んでいる地域やコスト。色々な観点から、ご自分のお家に合った断熱方法に決められると良いと思います。

ちなみに。。。
床下断熱で特に気を付けなければならない部分について説明します。
浴室と玄関部分です。下の絵は浴室(ユニットバス)部分です。

上の絵は、断熱ができていない状態です。
・左の絵は床の断熱がユニットバスと当たる部分で断熱材を切っています。これでは、ユニットバスが寒くなるのはもちろん、ユニットバスまわりの隙間から間仕切壁などに床下の冷たい空気が入り込む隙間が出来てしまいます。家全体に冷たい風が流れ込みます。
・真ん中の絵はユニットバスが外部扱いになっています。寒いのは浴室だけのように見えますが、ユニットバスの扉にはガラリが付いており隙間だらけですので、外部の寒さは室内にも影響します。
・右の絵はユニットバスの天井上に袋入りの断熱材を乗せて、断熱しています。これでは、ユニットバスまわりから間仕切壁へ冷たい外気が進入する道筋が出来てしまいます。

上の絵は正しい断熱の施工方法です。ユニットバスまわりだけ基礎断熱にする方法です。こうすれば浴室も室内と同じように暖かいスペースになります。
Rigoloの家ではこのようにきちんとした施工の知識をもって、現場にも伝えて、作業していただいています。もちろん、きちんと作業できているか厳しいチェックもしています。
玄関も同じように、玄関部のみ基礎断熱を施工し、より断熱性を高めています。

もし、新築住宅の現場で基礎を施工していたら、チラッと確認してみてください。
その会社の基礎に対する思いがきっと見えてくると思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
お問い合わせ、資料請求、見積り依頼

コンテンツ

お問い合わせ、資料請求、見積り依頼
PAGETOP
Copyright © Rigolo株式会社(リゴロ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.