こんばんはRigoloの丹羽です。YouTubeに動画2本上げました。ご確認いただければと思います。

▼1本目:扉を閉めても涼しい、快適な全館空調の作り方

▼2本目:床下エアコンの保障、メーカーに電話して聞いてみた

Rigoloの家は、冬は床下エアコン1台で暖房、夏は小屋裏エアコン又は最上階エアコン1台で冷房できる全館空調(全館冷暖房)の住宅です。
これら方式は、普通の床置きエアコンや壁掛けエアコンを使って冷暖房します。
コストパフォーマンスに優れる方式なのですが、色々とコツが必要でして
1.高断熱高気密住宅であること
2.日射取得、日射遮蔽の設計ができていること
3.冷暖房負荷を計算し最適なエアコンを選ぶこと

4.空気が循環する仕組みができていること
この3つが必要です。
このうち、建築系YouTubeを見ていても1、2、3の話は出てくるのですが、4の空気の循環の話はあまり見ないと思います。
なんでですかね?
それぞれの会社の企業秘密なのかもしれません。
げんに松尾設計室の松尾先生は冷房関連の動画は企業秘密と話されてますし。
さて、今日は4の空気が循環する仕組みの話です。

■Rigoloの家の基本性能■
1.断熱性能:基本Ua=0.38程度  / 付加断熱 Ua値=0.25程度
2.日射取得/日射遮蔽を設計でご提案
3.冷暖房負荷計算  基礎断熱:白蟻対策済み
4.大風量/省エネ/低騒音のファンで強制的に空気送れるので涼しい

さて、もう少し詳しく見ていきましょう。
冬の床下エアコンはそれほど難しくなく暖かさが行き渡りますので
(それでもノウハウ入りますけどね)
実は、小屋裏エアコンや最上階エアコンの最も難しいのが
扉を閉めた個室が涼しくなることなんです。
当社の場合の最上階エアコンで説明すると、下記の図になります。


2階にあるエアコンから、涼しい空気が出ます。
冷たい空気は重いのでしたに下がります。
問題は扉をしめた個室です。
空気の出入りするところがないと、少ししか冷たい空気が入っていきません。
そこで多くの会社は、「扉を開けて生活してください」と言ったりします。
でもそれだとプライバシーが無いですよね。
Rigoloの家では、各部屋に廊下にある涼しい空気を送れるFAN(換気扇)をつけています。
これが大風量で、131m3/hの風量があります。
この風量は、6帖部屋の空気の体積の5倍以上の換気量です。(8帖の4倍強)
通常は2~3倍程度の換気量があれば十分だと言われているので必要十分な換気量です。
ちなみに弱運転もできまして、その場合の風量は76.5m3/hです。
この場合で6帖部屋の空気の体積の3倍強(8帖の2.4倍程度)です。
計算上は弱運転でも問題ありません。

冷房ですが、人によって涼しいのが好き、寒いの苦手など個人差がありますよね?
当社の場合fanは、切/弱/強の運転切り替えが可能ですので、個人個人の寒さの好みにある程度対応できます。

あと、当社は静音ファンを採用してまして、弱運転時が18dBと静かです。
ちなみに、20dBは「雪の降る音」「木の葉の触れ合う音」と言われているので、耳をすませば聞こえるかもというレベルです。
さらにダクトレスというか、ダクト10cm程度と短いのでホコリの心配もありません。
また故障時には簡単に交換できるスグレモノです。

当社の考えは、極力単純で汎用的な仕組みを、上手に住宅に採り入れることです。
この仕組みはとっても単純で、単に音の静かな換気扇を設置しているだけなのですが、最も効率が良く、最も費用が安くなり、最もメンテナンス性が良くなります

是非動画も見ていただき、良いねボタンと、登録お願いいたします。

さて、この動画に質問がありまして、その回答の動画も作りました。
床下エアコンや小屋裏エアコン(最上階エアコン)はメーカー推奨の設置法ではないので、保障(保証)が効かないですか?という内容です。
正確な答えを出せるように、メーカーの技術部門に電話して聞いてみました。
結果としては、「修理可能、保証期間も有効」とのことでした。
ただ、修理をするためのスペースが必要です。
また、それをしたための特別な故障の場合はメーカー保証期間が無効の可能性もありますが、修理はしてくれます。
当社の場合は、引き渡し後1年間は当社としての保証もありますので安心してください。
それ以降は有償ですが修理可能です。

■ホショウって保証?保障?
故障を治すのが保障で、メーカーが対応します。
性能の能力を発揮するのは保証で、工務店が責任をおいます。

例えば、「10帖エアコンを設置したが、全然涼しくない」という問題が発生したときにもメーカーとしても対応する必要があるのですが、小屋裏エアコンや床下エアコンなどは、設置法が通常ではありませんので、性能の保証はしてくれません。
このホショウという言葉で、2つの意味と漢字がありますので、混乱しているのでは?と思います。