高性能でオシャレな新築注文住宅・リフォーム・リノベーションができる工務店です。

中古戸建て住宅の選び方

1.築年数で選ぶ

 戸建住宅の場合、まずその住宅の耐震性を気にしましょう。
 例えば2014年からみた築年数で考えると以下のようになります。
 ●築36年以上(1981年6月以前に確認申請を受けた住宅)
  旧耐震基準の建物で、耐震性の弱い建物です。
  耐震改修の費用が多く掛かります。
 ●築17年~35年(1981年6月以降に確認申請を受けた住宅)
  新耐震基準の建物で、基本的な耐震性のある建物です。
  金物が不足していたり耐震バランスがズレたりしているので
  小規模な耐震改修をお勧めします。
 ●築8年~16年(2000年6月以降に確認申請を受けた住宅)
  基準の厳格化で、今の建物と同等の耐震性のある建物です。
  現行の耐震基準なので、基本的に安心できます。
 ●築8年以下(2009年10月以降)
  住宅かし担保履行法が施行されたあとの物件です。
  検査体制も厳しくなっているので、基本的に安心できます。
 上記は法的なことで判断した場合ですので、家の状況により
 異なりますが、参考にはなると思います。

2.雨漏り跡と、その他劣化具合を確認

 雨漏りの跡がある物件は、簡単な補修で治る場合と、
 大きな問題でなかなか治らない場合があります。
 問題の大小は事前の検査では判断が難しいので、
 雨漏りの跡のある物件は基本的に避けたほうが良いです。
 また外壁、基礎などに大きなヒビが入っているのは☓
 その他は劣化の度合いが大きい程、修繕費用がかさみます。

3.改装する場所の壊れ・汚れは問題なし

 キッチン、風呂、トイレ、洗面などの水回りや内装のクロスなど
 リノベーションで新しくしようとしている部分は、壊れていたり
 汚れていても問題はありません。
 器具や内装より、構造体がしっかりしているほうが重要です。

4.改装費用を抑えるには

 戸建住宅の場合、外壁や屋根や窓など外部関連にかかる費用や、
 耐震工事の費用、廊下階段などの改装費用など、
 マンションの改装工事と比べ価格が高くります。
 寝室と子供室は壁紙の貼替えだけ行うなど、
 使える部屋はほぼそのまま使うと考える事も
 費用を抑える上では大切なことです。

リゴロへのお問合せ、現地調査のご依頼は TEL 0120-10-3864 【受付時間】9:00-17:00(日・祝除く)
時間外でも対応出来る場合もございます

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
お問い合わせ、資料請求、見積り依頼

コンテンツ

お問い合わせ、資料請求、見積り依頼
PAGETOP
Copyright © Rigolo株式会社(リゴロ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.