今日は、Rigolo社屋がある愛知県北名古屋市でも朝から雨がたくさん降っています。
6月18日に起こった大阪北部地震。
被災地にこれ以上の被害が及ばないことを心から願っております。

大阪北部地震が起こった朝は、こちらでも少し揺れがありました。
TVから流れる、大きな揺れに警戒してください(今回は三重県でした)というお知らせに、何をして良いか分からず。
とりあえず、玄関を開け、火の元の確認をしました。

自分の家のどこが安全なのか考えている間に揺れたのですが、普段からきちんと考えておかなければ。と改めて思いました。
私の家には倒れそうな大型家具はとりあえずないものの、小型の家具や、TVなど、揺れが大きくなれば危ないものがたくさん。
こちらは、大きな地震が起こると予想されている地域なので、家の中を再度点検、確認しようと思いました。

そして、今回学校の塀が倒れて9歳のお子さんが犠牲になりました。
学校という公共の施設で建築基準法に違反しているものが建っていること。
建築に携わる者ととして憤りを感じた方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

Rigoloの家では耐震についてとても重要だと考えています。
おそらく、他社の家でも耐震等級を取得し、地震が来ても、安全に家で過ごせるように考えられていると思います。
建築は人に対してどのようにあるべきか。再度確認するべきだと思いました。
Rigoloの家「超耐震」地震に強い理由

そして、ブロック塀ですが、以前から地震発生時におけるブロック塀等の倒壊による被害や避難時の通行の妨げとなることが問題となっておりました。
あまり知られていないかもしれませんが、ブロック塀の撤去に助成金がおりる地域もあります。
弊社がある北名古屋市には残念ながら助成金はありません。
名古屋市などは、条件によって補助がおりるので、この機会に外構のリフォームも良いかもしれませんね!
名古屋市HP(ブロック塀の耐震対策)